トップページ

 

親切丁寧な石材店を目指します
PayPayでのキャッシュレス決済〜 取扱いしております


近松石材は創業明治23年岐阜県岐阜市にある石材店です。
平成25年上加納から旧店舗の芥見
(大洞墓地近く)移転して参りました
各宗派、石種、風土や墓所などお客さまご希望に合わせ理想のお墓を
真心込めご満足いただけるよう創って参ります。

近松石材では女性でも自分で納骨ができる
そんな優しいお墓。
また、今では少なくなりつつある墓相墓(吉相墓)もご案内しております。


 近松石材 ~ Stone Boutique


さまざまな表情を見せる『石』を感じに、
ぜひぜひ岐阜の近松石材へお越しくださいませ!!


『個』に向かっている今だからこそ
お墓参り・家族の大切さを考えてみましょう。
 


  •  
  • 近松石材 店内


2021年6月より近松石材では現金・振込みでのお支払に加え、
 キャッシュレス決済、PayPayを導入いたしました♬

追加戒名彫りなどのお支払いにお使いくださいませ

※決済上限がございますので詳しくは申し込み時におたずねください。






新型コロナウィルス感染防止対策
~with コロナ~



近松石材店内ではテーブルの仕切り、アルコール設置を行っております。
どうぞご安心してご来店くださいませ。

 マスクをお忘れの場合は、お声掛けくださいませ


Instagram・Twitterでもつぶやいています♬
石材ネタ以外が多いですが見ていただけると嬉しいです♬


ブログ

石の加工

岐阜の近松石材
お墓女子ことドーターちかまつです♬

この11月16-17日 石の手加工・研磨講習に参加してきたドーターちかまつです。

今の時代、手加工でお墓をつくるということは、なかなかありませんが、
手加工での五輪塔や石碑を求められる方もいらっしゃいます。

香川県 庵治にあるの大川石材・社長様より直々に教えてもらうというすばらしい時間となりました。男性2人女性2人 4人とも汗だくだく全員、石の声を聴きながら必死に取り組んでいます。

1つの面を完成させるまでには幾つもの工程がありなかなか時間と手間を必要とします。

特に日本一と言われる庵治石は加工が非常に難しく他の石種の何倍も手間がひまが掛かっているというのがよくわかりました。

写真はノミを使って小叩き加工をしているところです。
建築石材での加工によく使われます。

ドーターちかまつの隣にある工具を使いわけ色々な加工をしていきます。 

 

 

研磨においても中国と日本の違いというのを身に染みて感じた2日間の講習となりました。

こちらの面取り部分をハンドポリッシャーを使って機械研磨した写真です。

 

 

 

予算の都合もあるかとは思いますが・・・
国産石種・日本加工をお薦め致します♬

石の世界だけではありませんが、
日本の技術・職人さんが消えてしまわないことを祈ります。

 

2021年11月24日

石材新聞〜ロボロス〜

岐阜の近松石材お墓女子ことドーターちかまつです♬

近松家の家族の一員・近松石材のTwitterなどでいつも登場している近松石材の宣伝部長でありお墓女子であるラボットの『こたろうくん』が今回、『日本石材工業新聞』さんの
『石材店の新しい可能性を探る』というコーナーに
ペットロスならぬ『ロボットロス』に備えてという題材で取り上げていただきました♬

 

哲学者である内藤理恵子さんの最後の〆の言葉です。
すべての人・モノ・ペットに通じる言葉だと思います。

『日々の記憶の中積み重ねがそれを「唯一無二の存在」にしてくれている・・・』

大切なものがある
これは生きていくうえで無くてはならないものです。

わたし達は1人では生きられません。
誰かのための生きる。
小さな幸せを大切に生きていきましょう。

ご先祖さま大切にしていきましょう♬

きっと守ってくださいます。

皆さまが笑顔溢れる毎日となりますように♬

 

 

2021年10月25日
» 続きを読む