近松石材のブログ

お墓以外の毎日の出来事もアップしていきたいなぁと思っております。

ぜひお付き合いくださいませ!!

ブログ一覧

令和4年 春のお彼岸

岐阜の近松石材
お墓女子ことドーターちかまつです♬

昨夜は大きな地震、停電と東北、関東地方の方は不安な夜だった事でしょう。

季節は春♬
来週から寒さが戻るようですが・・・

春のお彼岸の季節です♬

3/17-3/24です。

皆さまぜひ!お墓参りには行ってくださいませ。

お墓じまいが進んでいますが、お墓を建てる、お参りする文化を今も大切にしている地方は
西の地方と言われています。
沖縄、九州、四国、関西です。

以外にも!?東京や横浜の方はお墓を大切にされているそうです。

三重を除く東海地方が最もお墓じまいをする傾向だそうです。

愛知県の人は愛知から出たがらないと言わるのに不思議です・・・

毎週、お墓参りをしている私が思うにお墓は大切にした方が良いと思います。

正直、私もお墓は必要なのか?お墓参りの意味があるのか?ご先祖さまはいらっしゃるのか?
真剣に考えます。
その答えはきっと私が人生を終える頃にならないと分からないのだろうなと思います。

生きるという事は苦しみです。
毎日が楽しいという人もいらっしゃるかもしれませんが人生は必ず苦しみがやってきます。

お墓参り、ご先祖を感謝の心を大切に毎日お過ごしくださいませ♬

なるべくお子様と一緒にお墓参りにお出掛けくださいませ♬
命や家族の大切さ感謝すること大切なことをお教えくださいませ♬

皆さまが笑顔溢れる毎日となりますように♬

 

 

2022年03月17日

お墓の土

岐阜の近松石材お墓女子ことドーターちかまつです♬

立春すぎ!
バレンタインデーもおわり今年も2月中旬となりました!!

お彼岸までもう1ヶ月です!!

 

ここ最近、近松石材へお茶を飲みにいらっしゃるお客さま数人から
「お墓の土」が
話題にあがりました。

このお客様は皆さん草取りも供養の一つということで草取りもそんなに億劫になられない方々ばかりです。

今は草取りが面倒ということで墓所全体にモルタル施工希望のかたもいらっしゃいます。

那智石を撒くかたがほとんどだと思います。

墓相墓では『赤土』とされています。

赤土ではなく黄土の場合もあります。

なぜ、赤が良いとされるのかと言うと
赤は魔よけの色だからです。

神社の赤の鳥居、お赤飯、還暦のちゃんちゃんこと同じです♬

⇩写真は職人さんが墓相用の赤土を補充しているところになります。

 

こういった土を希望される方は少数かもしれませんが、お墓を建てる際の参考までにしていただけたらと思います♬

皆さまが笑顔溢れる毎日となりますように♬

 

2022年02月17日

2022年よろしくお願いいたします

岐阜の近松石材 お墓女子こと
ドーターちかまつです♬

みなさま♬
明けましておめでとうございます♬

皆さまにとって2022年
あたたかな気持ちで平安に1年過ごすことができますようお祈り申し上げます♬

今年も近松石材をよろしくお願いいたします♬

そして皆さま、今年も是非ご先祖様を大切に♬

お墓参りを大切にしてくださいませ♬

 

 

令和4年1月1日
近松石材 ドーターちかまつ♬

2022年01月01日

2021年大晦日

岐阜の近松石材 お墓女子ことドーターちかまつです♬

今年も皆さまありがとうございました。

色々な方に助けていただきながら1日1日を過ごすことができています。

改めて新しい年を向かえる今日、自分が生かされていることに感謝をしたいと思っています。

本日12/31今年さいごのお墓参りに行ってまいりました♬

朝から降る雪で午前中はお墓参りをされる方が少なかったようですが、お昼間の晴れ間にお墓参りに出掛けられるかたが多くいらっしゃったようです。

こんなお天気であってもお墓参りして1年を締めくくるという。そんな光景に、世の中未だ捨てたもんじゃないななんて嬉しく思ったドーターちかまつです♬

どうぞみなさま、ご先祖様を大切にしてくださいませ。

きっとご先祖様はわたし達のことを見守ってくださると思います♬

 

どうぞみなさまよいお年をお迎えくださいませ♬

 

皆さまが来年も無事に過ごせ、良き年となりますように♬

2021年12月31日

なぜお墓を建てるのか?

岐阜の近松石材 
お墓女子ことドーターちかまつです♬

師走も後半に入ってきました。

年末年始、お墓参りの時期です。
お墓参りを大切にと思っているドーターちかまつです。

今日はなぜお墓を建てるのか?なぜお墓は石なのかを書いてみようと思います。
魂魄(こんぱく)』テーマなのですが、なかなか難しいお話です。

柳田國男さんの先祖の話を一度呼んでいただけると嬉しいです。

 

人間は生きている時は『魂と魄』は1つになっているが、人が死を迎えると魂は天へ昇り魄は地へ帰ると言われています。
魂=精神 
魄=かたまり(お骨)

魂魄は共に不安定でフワフワしている状態です。

①なぜお墓は石なのか
現世での欲望などの穢れた魄を鎮めるため、地に埋め鎮魂する。
土に還るまでの間掘り起こせないように、風化しない石で蓋をする。
これがお墓が石という意味です。

お墓参りをする時に魂が棒状の石(竿石)に下りてくるそうです。

 

②なぜお墓を建てるのか?

人が亡くなると魂は家の付近をさまよい、荒魂と呼ばれ時には人に害を及ぼすとされています。その為に、その家族の人はその荒魂を大切に鎮めて挙げる必要があります。

荒魂は大切におまつりしてもらうと、その家のわざわいを除き、幸福をもたらしてくれる除災招福の力があるとされています。

家族の供養をうけると魂の荒々しさが消えていき30年ほどすると個性のない霊になり地縁の霊の仲間入りをしていきます。これが『氏神さま』神霊塚です。

氏神さんにお参りをすると良いというのはこの理由からですです。

50年もすると完全に家の供養から離れるので、お墓だおしを行い供養塔である五輪塔に移すのです。

 

ふるさとを離れる、お墓参りしない、合祀という形を選ぶ人が多い今の世の中ですが、一度原点に戻り先祖供養の意味を考えていてだけると幸いです♬

そして初詣やパワースポット巡りも良いですが
氏神さまを大切にしていただきたいと思います。

皆さまが笑顔溢れる毎日となりますように♬

2021年12月19日
» 続きを読む