お墓のかたち

◆お墓の種類とかたち◆

お墓は大きく分けると和型・横型(洋型)・デザイン墓・供養塔・お地蔵さまなど
分けられます。
かたちなど地方・地域などによって違いがあります。


和型・五輪塔

和型は、昔からある一般的な形です。
江戸時代になってから現在の和型のお墓がつくられるようになったと言われています。

ベーシックな和型も台座や竿石の頭部、小物(花立・香炉・小供台など)で変化を求めることは可能です。


五輪塔は、亡くなられて50年経過したご先祖様を祀る供養塔です。

 


横型(洋型)・デザイン墓

近年、耐震の影響などもあり横型が好まれる傾向にあります。
故人の好きな言葉や花などの彫刻を様々取り入れることができ臨機応変に対応できるのが横型・デザイン墓の特徴です。


お地蔵様 お墓の付属品(墓誌・塔婆立・灯籠など) 庭灯籠