墓相(吉相墓)について

墓相とは?

みなさん『墓相』をご存じですか?

『墓相』とは何なのか?

墓相とは、吉になるよう開運、子孫繁栄が運ばれる
家族がひとつになるためのお墓の建て方です。
家相や人相と同じく統計学 風水です。

 

現在、墓相は消えつつあります。
なぜでしょう?


 ●墓相を知らない
 ●費用がかかる
 ●強度耐震にはなっていない
 ●墓石店が教えてくれない
 ●お墓を継いでくれる者がいない
 ●そんなの古い。関係ない。

 

一言で言ってしまうと現代社会と真逆だからでしょう。


 
ただ墓相が忘れられてしまうのは悲しい、
墓石店は墓相を知ったうえでお墓を建てなければならいと、
近松石材は考えています。
簡単ではありますが墓相の説明を取りあげさせていただきます。

 ※墓相は簡単に一言で説明すると意味のない付属品などは墓地の中におきません。
 お尋ねいただければ、お店では詳しく墓相のお話をさせていただきます。

 ご参考までに読んでいただけると幸いです・・・

◆墓相◆ 

(長男)が親の墓を建てる
夫婦で1つの墓
結婚し夫婦となり男子が産まれ家は代々続いていくという考え。

※墓石正面には夫婦それぞれの戒名(あの世での名前)を刻む。

※生きているうちに自分のお墓を自分で建てることを『寿陵』と言いますが、
墓相学では『寿陵』は良しとしない。
分家には分家のお墓が必要
  ※分家には分家の建て方がある。
五輪塔を建てる
五輪塔とは50年経ったご先祖様をお祀りする供養塔

五輪塔の『五』が意味すること
『空(生命)』『風(呼吸)』『火(熱)』『水(血液)』『地(骨)』
自然界の成り立ちです。
塔の上から順に『空』『風』『火』『水』『地』の梵字を石の正面に刻んでいく。

※100年経ったご先祖様は宝篋印塔にお祀りする。
お骨は土に還す
万物は『木・火・土・金・水』の五行から成り立ち、守られている。

お骨は白いサラシや半紙に包み、土のなかに埋める。
※納骨室を石やコンクリートでつくらない・骨壺に入れたままにしない)
時間の経過とともにお骨は土に還っていき魂が自然と同化していく。

※カロート(納骨室)が石やコンクリートの場合、雨水や湿気で腐敗するだけで土に還ることはありません。

※お骨が土に還らないということは、魂がいつまでもこの世でさまよい続け、
成仏できないということになります。

東南向きに建てる(もしくは東か南向き)
東南は朝日が良く当たる向き
気持ちよく過ごしていただきましょう。

境界線(縁石)を作る
階段を設ける
家と家との区別をはっきりさせるため境界線(縁石)をつくる。
高さは30cm以下とし15cmくらいを理想とする
(※地中との空間を離してはいけない)

階段は、あの世とこの世の玄関先が必要という考え。

※玉垣(柵)は作らない=何か人には言えない秘密のある家になると言われています。
三段墓にする(台二段)
昔ながらのお墓の形です。
墓石上から
『竿石(健康・子孫の繁栄)』『上台(財産)』『下台(不動産)』と
3つの構成とします。
※台2段なのでもちろん四ツ石も不要。
墓地は広く墓石は小さく
墓相では供養塔、墓石を建立するためどうしても広さが必要になってきます。
ご先祖様より少し小さめに建てていくのが良いとされています。
ご先祖さまあっての私達。少し小さく建てる。
これは人の心の在り方をいっています。

家単位のお墓になってしまっている現在、隣と同じくらいに合わせてある。ご先祖様のお墓より大きくなっている方が多いのではないでしょうか。

※正面向かって右側が古い時代、左側へ新しい時代の人の墓石を建てていく。
 
石の色目は白
関西は白御影石、関東は黒御影石が好まれるといわれています。
墓相学では白御影が吉石

 
水をよく吸う石
呼吸ができる。
台と台の間に目地、コーキング、金物をしない
固めることでご先祖様の呼吸を止め身動きがとれない状態にしてしまう。
呼吸ができるよう身動きとれるよう、それを塞ぐようなことはしないという考え。
※墓相では、はめ込み型で造っていきます。
基礎をコンクリートで固めない
お骨は土に還す。
成仏していただくことがお墓の意味であり呼吸ができるよう自然の養分を吸えるようにしなければならない。

 
樹木を植えない
樹木が養分を吸い取ってしまう。
※樹木の根は想像以上に強く石を持ち上げ破損の原因にもなってしまいますので墓相学関係なく植えるのは控えたほうが良いです。
※樹の下にお墓を建てることも同様。
敷地内に玉石や砂利を敷かない(土のままにしておく)
これも呼吸ができるようにとの考え。

土のままであれば雑草が生えてきます。
しかし、それが生きている、呼吸ができているということなのです。
掃除をしたり雑草をとりのぞくことが供養の一つとなるとされています。
お地蔵さまを建てる
悲しくも流産など、生まれてから亡くなってしまった14才までの子供(逆縁)の成仏を願う。
※墓相では、お地蔵さまを建立する位置も決まっています。
お墓参り
墓相で建てたら完成ではありません。

お墓合参りをお彼岸、お盆と行事の1つとしてではなく、
暮らしの一部とさせることが何よりも重要です。

お墓参りは高齢のかたがするだけのものではありません。
高齢になってくるとお墓参りがなかなか難しいものになってきます。
まだまだ体が動ける世代・子供たちがお墓参りをしなければなりません。

お墓参りをしない理由考えてみてください、
●お墓参りが習慣となっていない。
●面倒。
●お墓参よりプライベート重視

親から子へとお墓参りをする姿を繋いでいってください。
大切にする心が創られ、それが優しい心、子孫繁栄の源になり家族がひとつとなる源になっていきます。


 最後に・・・


 墓相学は上にあげた以外にもいくつもの約束事があります。
現代のお墓事情を考えるとすべての墓相を取り入れて建てることはなかなか難しいです。また墓相に根拠があるわけでもありませんが、知っておくことに損はありません。


    
 お墓を建てる意味を知り、先祖供養の場であることを知っていただき、
 お墓参りを暮らしの一部としていただけることが近松石材の喜びとなります。 

 墓相を何かお役立てしていただければ幸いです。